デフォルトはこれだ

デフォルトはこれだ


デフォルト(default)とは、何もしないこと、あるいは成すべきことが成されないことを意味する。表記ゆれによりデ(ィ)フォ(ー)ルトとなる。


英語ではもともと、何もしないこと、債務不履行、怠慢、欠席、棄権などの意味で使われている。
日本語では、主にコンピュータ・ソフトウェア分野で、「何もしないこと」の意から、「初期設定値」「工場出荷時値」「標準値」などの意味で使われることが多く、
とくに説明がなければ「標準」の意味で使われる。コンピュータに慣れ親しんだ人同士の会話では、
コンピュータ以外の一般的事象についてもこの語を使うことがある[1]。さらには、略して「デフォ」とも言う。最近ではゲームの設定を初期状態にする意味で利用されることもある。


デフォルトとは、利用者が何も操作や設定を行なわなかった際に使用される、あらかじめ組み込まれた設定値。「初期設定」「既定値」などもほぼ同義。
ハードウェアやソフトウェアは、稼動させる前に利用者が利用方法や環境に合わせて様々な設定を行なう必要があることが多い。
このとき、細かい設定値やめったに使わない設定値までいちいち入力しなければ稼動しないというのは面倒なので、
典型的な利用環境を想定してあらかじめ適切な値を組み込んでおくのが一般的である。これをデフォルト値とかデフォルト設定という。
「default」とは「欠席」「(義務などの)不履行」「棄権」といった意味の英単語で、
「ユーザが設定を行なわない」という意味から転じて、そのような場合に使われる設定値のことを指すようになったものと思われる。


デフォルトとは、債券などの債務が不履行になること。
デフォルトにも、元本は確保されるが利息は支払われない、元本の一部だけしか確保されない、元本も利息も全て支払われないなど何段階かある。
格付け機関による債券の信用格付けは、デフォルトに陥るリスクについての格付けである。
デフォルトリスクが高い代わりに金利が非常に高い債券を、ジャンク債とか、ハイイールド債などという。
いくつかの債券がデフォルトになることを覚悟で、高金利のジャンク債をポートフォリオで保有する戦略などもある。
ファイナンシャル・リテラシーみにつけたい
輸入許可書(ゆにゅうきょかしょ)
うわさのチャート
直物為替(じきものかわせ)
知らなかった固定金利
目的は配当金かな
たしかに確認!売買単位
たべる穀物類
まだみえる製品別原価計算
うってつけ日銀当座勘定です
やっちゃった質入裏書
内部収益率(IRR)である
スワップディーラーに習う
もっともベアハッグ
移動平均乖離率を理解する
日足よみこむ
カテゴリー5なんだろ
気持ちの手形要件
人気のデリバティブ取引
うち為替(一部為替)ラクラク


サイトトップに戻る
サイトを編集
友達に紹介する
新規登録HP編集
無料HP作成サイトフリモビ