ふとブックビルディング方式を考える

ふとブックビルディング方式を考える


ブックビルディング方式とは、一般的に需要積み上げ方式と呼ばれ、引受証券会社が、
以下のプロセスに基づいて、新たに公開(=新規公開)予定の会社の公開価格(=発行価格)を決定する方式のことをいう。

  1. 株価算定能力が高いと思われる機関投資家等の意見をもとに仮条件を決定する。

  2. その仮条件を投資家に提示し、投資家の需要状況を把握することによって、マーケット動向に即した公開価格を決定する。


1997年8月までは、株式を新規に公開する場合、入札方式しか認められていなかったが、
入札方式の問題点(公開価格が高く設定されがちであり、公開後の株式の円滑な流通に支障を来たすことがある)等が指摘され、
同年9月以降に公募等に係る取締役会決議をおこなう新規上場申請会社は、
新規公開についてブックビルディング方式か入札方式のいずれかを選択することができるようになった。

一般的にブックビルディング方式のメリットとして、以下の点が挙げられる。



ブックビルディング方式とは、投資家の需要に基づいて、新規公開株の発行価格を決定する方法のことで、
需要積上げ方式ともいいます。従来の入札方式に変わる方式として、1997年9月に導入されました。


ブックビルディング方式は、新株発行の時の値段を決める際に仮条件を投資家に提示して、
その値段で投資家がどれくらい買いたいかという投資家のニーズを調べた後に新株の価格決定を行なう方法。
そのために需要積み上げ方式とも呼ばれている。
株価の決定は、引受証券会社がまず株価算定能力が高いと思われる機関投資家等の意見をもとに仮条件を決定する。
そしてその仮条件を投資家に提示し、投資家の需要状況を把握することによって、
マーケット動向に即した公開価格を決定するというプロセスでおこなわれる。
ブックビルディング方式の利点として、株式公開後の流通市場まで勘案した公開価格の決定が可能となり、
株価への信頼感を高めることが期待されることなどがあげられる。
1997年8月までは、株式を新規に公開する場合、入札方式しか認められていなかったが、
公開価格が高く設定されがちであり、公開後の株式の円滑な流通に支障を来たすことがあるなどの入札方式の問題点が指摘され、
同年9月以降に公募などに係る取締役会決議をおこなう新規上場申請会社は、
新規公開についてブックビルディング方式か入札方式のいずれかを選択することができるようになった。


ローン手数料をかんがえて。
ローソク足の用途
これが為替差損
成り行き注文ばっかり!
ローソク足いろいろ
はじめての手形振出し
ベースマネーでチャレンジ
対顧客市場にそっていく
これからが安値
きどって仕手筋
しっかりパケットフィルタリング
ドメインで管理
色あせないデルタ
イントラネットを構築してみる
外国為替統計をだしてみる
受取手形記入帳(および支払手形記入帳)
つまり目論見書
オリコンと音楽
やっぱり安全性分析
安定化協定(The Stability Pact)
低位株どうぞ
まかりとおる延滞税
いろいろ書いて自分だけのHPをつくろう!!


サイトトップに戻る
サイトを編集
友達に紹介する
新規登録HP編集
無料HP作成サイトフリモビ