クロス取引いいかも

クロス取引いいかも


株式取引では、ある銘柄について、同一株数で同一値段の買い注文と売り注文を同時に発注し、約定させること。
単にクロスともいう。大口の注文を執行するため、立会時間外に行うことが多い。
また、名古屋など取引が少ない市場でザラ場中に行うこともある。個人投資家でも、株主優待狙いに用いることができる。
法人の行う益だし/損出しクロスは税務上無効とされている。
なお、クロスで高値や安値をつけるのは、相場操縦とされる。
外為取引では、対ドル以外の通貨取引のこと。(英ポンド買い円売りなど)


クロス取引を行なうメリットは税務対策としての節税と、株主優待を取得と言ったメリットがあります。
節税となる仕組みは、株の売却で100万円儲けたとすれば、100万円の利益に対して税金が掛かります。
ところが別の銘柄で含み損を抱えて、当分処分する予定のない、塩漬けしている銘柄があったとしましょう。
仮にこの銘柄での含み損が100万円だったとしたら、この含み損を抱えている銘柄を利用してクロス取引するのです。
クロス取引を行う事で、この銘柄の含み損100万円を確定させます。
先の100万円の利益とクロス取引の分の損失100万円を通算すると 利益額は0円になので税金を払う必要がなくなり(節税)税務対策ができます。
但し、平成12年より法人税の改定が行なわれ、法人がクロス取引を行なうのは、禁止されてます。
個人が行なう場合は禁止されてません。
法人の場合、税務上では売買と扱わない事になりますが、個人の場合、税務上認められています。


クロス取引とは、ある銘柄・数量の注文と、それに対当する同一銘柄、同数量の注文を同時に発注する事です。
結果として同一銘柄、同数量、同値の売付、買付の約定が成立する取引をいいます。
例えば、銘柄Aの指値1200円 数量5,000株を売付 銘柄Aの指値1200円 数量5,000株 買付 の2つの注文を同時に発注する事です。
市場相場(しじょうそうば)
なんちゃって上場廃止
ほんとにSRI
なってみたい受取配当金
きっちり償還請求
借り換えを検討中
まかりとおる延滞税
予想しての指値注文
どうしても金融機関
勝負のファンダメンタルズ分析
いけいけでクロスレート
委託販売輸入(いたくはんばいゆにゅう)
みえてる荷為替荷物先取り
今度の適格組織再編成
歩み値からでね。


サイトトップに戻る
サイトを編集
友達に紹介する
新規登録HP編集
無料HP作成サイトフリモビ